コンクリートコーリング株式会社

さらに環境に配慮した
乾式工法

周辺環境への対策として
弊社では
乾式工法を
積極的に取り入れています。

[水を使わない]
乾式工法のメリット

従来のダイヤモンド切断施工法では、切断時に冷却水を使用するため、排水汚泥の養生や排水処理設備が必要でした。乾式ダイヤモンド切断工法では、冷却水を使用せず、切断時に発生する切り粉は集塵機にて回収。回収した切り粉はそのまま産廃処理ができ、後処理が容易です。低騒音・無振動は従来と変わりなく、さらに環境に配慮した工法です。

乾式工法の写真

水を使うことのリスク

  • ・排水汚泥が落下する(排水汚泥落下0の養生設備は、相当なコストをかければ可能なレベル)
  • ・排水汚泥の養生を行っても漏れる可能性あり
  • ・作業場が排水汚泥で汚れる
  • ・排水汚泥のpH調整と産廃処理が必要
  • ・国道や鉄道との交差部では、完璧な排水汚泥の養生が必要
汚水タンクの写真

[水を使わない]
乾式工法のご紹介

  • ①無排水

    排水汚泥の落下リスクなし

  • ②施工工程の短縮

    吊り足場は簡易な養生で済み、作業場をきれいに保てる

  • ③産廃処理が容易

    切り粉はビニール袋につめて簡易な産廃処理が可能

  • ④低騒音

    騒音がさらに小さい(78dB以下 フルカバー使用時)

  • ⑤施工がスムーズ

    排水落下リスクがないため、道路規制や線路閉鎖作業の制約を受けない。また切断スピードは従来と同等で、24時間作業が可能となり工期短縮を実現

乾式工法の写真

汚泥だけではない。環境への対策

高度成長期を経て都市として成熟を迎えた日本において、数多の建物が並ぶ街中で老朽化したコンクリート構造物をリノベートするには、周辺環境への配慮が欠かせません。弊社では、低騒音・無振動で施工を行い、周辺環境への負担を減らすことを大切にしています。また、今後さらなる研究開発を進め、全ての工法において安全で環境に配慮しつつ施工スピードを上げる「急速施工」を目指します。

騒音計の写真

各種乾式工法の
ご紹介ページはこちら