コンクリートコーリング株式会社

バースター・板ジャッキ工法

バースター・板ジャッキ工法の写真

施した隙間に機材を組み込み粉砕。
短期間で効率的にコンクリートを解体

概要説明

バースター工法とは、コアーボーリング(φ128)により 穿孔した孔にバースターヘッドを挿入し、割裂を行なう解体工法。厚さ300mm以上の無筋コンクリート構造物の解体に適しています。

バースター工法の写真

板ジャッキ工法とは、解体する構造物を全て切断することなく、カッターで幅3㎜、深さ10cm程度に切断した箇所に板ジャッキを挿入し、水圧により拡張させて無筋コンクリートを破壊する工法です。

板ジャッキ工法の写真

主な用途

「バースター工法」

  • ●ビルなどの大型構造物の基礎コンクリート粉砕工事
  • ●港湾・河川などの無筋コンクリート障害物の破砕工事

「板ジャッキ工法」

  • ●擁壁、地中障害物等の無筋コンクリート構造物の解体

特徴・メリット

「バースター工法」

  • ①防塵・無振動・低騒音

    バースターヘッド当り108〜250トンの破壊力があり、 防塵、無振動、低騒音で安全に施工が行える

  • ②工期を短縮

    部分切断と油圧破壊の組み合わせで工期を短縮

  • ③環境にやさしい

    低騒音・低振動・粉塵なし、さらに水養生が不要

バースター工法の写真バースター

「板ジャッキ」

  • ①防塵・無振動・低騒音

    100×10cmの板ジャッキで30MPaのポンプを用いることで、200トンの拡張力があり、 防塵、無振動、低騒音で安全に施工が行える

  • ②工期を短縮

    部分切断と水圧破壊の組み合わせで工期を短縮

  • ③環境にやさしい

    低騒音・低振動・粉塵なし、さらに水養生が不要

板ジャッキ工法の写真板ジャッキ

施工動画

  • バースター工法
  • 板ジャッキ工法

施工実績

  • バースター・板ジャッキ工法の実績写真

    大阪府 河川護岸(バースター)

  • バースター・板ジャッキ工法の実績写真

    滋賀県 ダム(板ジャッキ)

  • バースター・板ジャッキ工法の実績写真

    滋賀県 ダム(板ジャッキ)

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら