コンクリートコーリング株式会社

放電破砕工法

放電破砕工法の写真

コンクリートと岩盤の同時除去も可能な、
環境配慮型の省エネルギー工法

概要説明

放電破砕工法とは、高電圧を瞬間放電できる装置と、放電現象を発生させる放電チップ及び、反応液を封入した放電カートリッジ「エコリッジ」から構成される工法です。高電圧(1.5kV~6kV)を「エコリッジ」へ高速供給することで起こる放電現象によって、「エコリッジ」の放電チップと反応液が反応し、瞬間的な膨張力(破砕力)が発生。破砕力は、放電カートリッジ「エコリッジ」のサイズによりコントロールします。

放電破砕工法の概要説明イラスト

主な用途

岩盤の掘削から、構造物(コンクリート)の解体、転石破砕、伸縮装置取替、そして支承部補修等に対応。また、機械掘削では困難な工事、民家近隣地等、あらゆるシーンでの施工を可能にしました。

特徴・メリット

  • ①騒音・振動を制御

    破砕力の制御により騒音・振動のコントロールが可能

  • ②高硬度にも対応

    硬岩(一軸圧縮強度350MPa)やRCにも適応

  • ③操作の向上

    装置、カートリッジの取扱いが容易

  • ④躯体の状態維持

    隣接している躯体との間に隙間があれば、躯体への影響無し

  • ⑤事前準備を簡略化

    法的規制を受けないため、施工時に資格・届出が不要

放電破砕工法の説明図

施工実績

  • 放電破砕工法の実績写真

    大阪府 重力式擁壁

  • 放電破砕工法の実績写真

    大阪府 重力式擁壁

  • 放電破砕工法の実績写真

    大阪府 重力式擁壁

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら