コンクリートコーリング株式会社

乾式工法
フラットソーイング工法

湿式フラットソーイング工法の写真

排水汚泥処理の手間をはぶき、
道路切断や目地切り施工がスムーズに

概要説明

乾式フラットソーイング工法とは、マシンに集塵機を接続させた工法です。ブレードの熱は圧縮された空気で冷却するため、水をまったく使用しないのが特徴で、給水設備や排水汚泥処理が不要です。切削粉は切断と同時に吸引されるので、処理も簡易的に行えます。

湿式フラットソーイング工法の写真

主な用途

一般道路の切断を中心に、補修工事や目地切りなどの施工に利用されています。

「一般塗装道路の切断」

フラットソーイング工法のメイン施工

「傷んだ塗装の補修工事」

埋設工事(上下水道管・電気ケーブル・共同溝などを埋設するために舗装を切断する工事)

「床版等の切断」

高架道路や橋の路面、建築物の床下空間は、鉄筋を多く入れることによって崩落を防止。この高配筋構造は、床版用の特別ブレードを用いて切断します。

「目地切り」

コンクリートの打設後、硬化前に切り込みを施すことで、乾燥収縮によって発生する不規則な亀裂の位置をコントロールします。

特徴・メリット

  • ①水が不要で環境にやさしい

    切断に水を使用しないため、汚泥の発生なし

  • ②深め切断、複雑なラインにも適応

    専用ブレードでアスファルト・コンクリートを最大30cm深さまで切断でき、コンパクト設計で方向転換などの取り回しが容易

湿式フラットソーイング工法の写真

施工動画

施工実績

  • 湿式フラットソーイング工法の実績写真

    兵庫県 橋梁

  • 湿式フラットソーイング工法の実績写真

    大阪府 実験施設

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら