コンクリートコーリング株式会社

湿式工法
ワイヤーソーイング工法

湿式ワイヤーソーイング工法の写真

屈曲性に優れたダイヤモンドワイヤーで、
陸地から水中、高所まで多様な現場に対応

概要説明

ワイヤーソーイング工法とは、ダイヤモンド製のビーズ(太さ11mm前後)が数珠つなぎに樹脂固定されたワイヤーでコンクリートなどを切断する技術です。対象物に巻きつけたワイヤーを駆動機につなぎ、張力をかけながら高速回転させ、コンクリートなどを切断。プーリー(滑車)の設置方法やワイヤーの長さを変えることにより、様々な形や大きさのコンクリートを切断できます。

湿式ワイヤーソーイング工法の写真

主な用途

無振動・無粉塵・低騒音などの特性によって、様々な現場で活用されています。

「生活圏内での作業」

  • ●人口密集地での解体工事
  • ●通常利用と並行しての建物改修

「既存建築物の改修・部分撤去」

  • ●既存建築物への開口作成(ドア、窓、エレベーターなどの追加)
  • ●既存建築物の分割など(部分撤去)

特徴・メリット

  • ①優れた屈曲性

    複雑な形状物、水中構造物、高所などのあらゆる現場条件に合わせた施工が可能

  • ②無振動・低騒音

    新しい橋に一般車両を通しながら行う隣接の旧橋撤去や、通常利用を続けながら進める耐震化工事(病院、学校、百貨店、駅)などに最適

  • ③切断がスピーディー

    スムーズで素早い切断ができ、工期短縮につながる

湿式ワイヤーソーイング工法の写真

施工動画

施工実績

  • 湿式ワイヤーソーイング工法の実績写真

    大阪府 鉄道

  • 湿式ワイヤーソーイング工法の実績写真

    兵庫県 高速道路

  • 湿式ワイヤーソーイング工法の実績写真

    兵庫県 橋梁

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら