コンクリートコーリング株式会社

湿式工法
フラットソーイング工法

湿式フラットソーイング工法の写真

高精度な切れ味で、全国につながる
道路・橋梁をメンテナンス

概要説明

フラットソーイング工法とは、ダイヤモンドブレードを原動機に取り付けて回転させ、アスファルトやコンクリートなどを切断する工法です。粉塵と摩擦熱を抑制するため、切断時のブレードには一般的に冷却水(毎分3-4リットル)をかけます。

湿式フラットソーイング工法の写真

主な用途

一般道路の切断を中心に、補修工事や目地切りなどの施工に利用されています。

「一般塗装道路の切断」

フラットソーイング工法のメイン施工

「傷んだ塗装の補修工事」

埋設工事(上下水道管・電気ケーブル・共同溝などを埋設するために舗装を切断する工事)

「床版等の切断」

高架道路や橋の路面、建築物の床下空間は、鉄筋を多く入れることによって崩落を防止。この高配筋構造は、床版用の特別ブレードを用いて切断します。

「目地切り」

コンクリートの打設後、硬化前に切り込みを施すことで、乾燥収縮によって発生する不規則な亀裂の位置をコントロールします。

特徴・メリット

  • ①高精度に切断

    従来の工法に比べて切断精度に優れ、騒音や振動、粉塵の発生を抑制

  • ②準備作業の簡略化

    ブレードの設置のみで準備作業が完了するため、他の工法と比べ作業工程が短い

湿式フラットソーイング工法の写真

施工動画

施工実績

  • 湿式フラットソーイング工法の実績写真

    大阪府 橋梁

  • 湿式フラットソーイング工法の実績写真

    兵庫県 橋梁

  • 湿式フラットソーイング工法の実績写真

    大阪府 桟橋

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら