コンクリートコーリング株式会社

湿式工法
ウォールソーイング工法

湿式ウォールソーイング工法の写真

安全性が高く、ダイヤモンドブレードで
滑らかにコンクリートを切断

概要説明

ウォールソーイング工法とは、壁・階段・柱を切断できる工法です。コンクリートの部材の切断面に沿って走行レールを設置し、そのレールにウォールソーマシンを嵌め込み、冷却水をかけながらダイヤモンドブレードを高速回転させて切断。近年では、冷却水を使用せずに切断する「乾式工法」も注目されています。

湿式ウォールソーイング工法の写真

主な用途

建築分野での改修工事やトンネル・橋梁の切断など、様々な現場で活用されています。

「建築分野」

  • ●窓枠・ドア取付けに伴う建築物の切断工事
  • ●ビルなどの改修、耐震補強工事

「土木分野」

  • ●トンネル・橋梁・防波堤・ダムなどでの切断工事
  • ●コンクリート構造物などの改修・解体工事

特徴・メリット

  • ①切断面が滑らか

    ダイヤモンドブレードを使用するので切れ味が鋭い

  • ②切断精度が高い

    レールに設置するので直線的に切断できる

  • ③狭い場所でも作業可能

    道路カッターが入れない狭い床板部分にも対応

  • ④安全性が高い

    破片が飛び散らない。軽量なため、重機を載せられない場所でも作業ができる

湿式ウォールソーイング工法の写真

施工動画

施工実績

  • 湿式ウォールソーイング工法の実績写真

    大阪府 鉄道

  • 湿式ウォールソーイング工法の実績写真

    兵庫県 鉄道駅舎

  • 湿式ウォールソーイング工法の実績写真

    奈良県 トンネル

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら