コンクリートコーリング株式会社

乾式工法
ワイヤーソーイング工法

湿式ワイヤーソーイング工法の写真

排水汚泥の回収が困難な、
橋梁や建築物の改修工事に最適

概要説明

乾式ワイヤーソーイング工法とは、ダイヤモンドワイヤーを被切断物にループ状に巻き付けて一定の張力を加え、駆動機で高速回転させて切断する工法です。ダイヤモンドワイヤーに緩みが生じないよう、駆動プーリーを後方に移動させて切断に必要な張力を保ちます。切削粉の吸引とワイヤーソーの冷却は専用集塵装置を使用。

湿式ワイヤーソーイング工法の写真

主な用途

切断力や静音性などの特性を活かし、様々なシーンで採用されています。

「無振動・低騒音で生活圏内の現場に」

  • ●人口密集地での解体工事
  • ●新しい橋に一般車両を通しながら隣接の旧橋を撤去する工事
  • ●通常利用を継続し進める耐震化工事(病院、学校、百貨店、駅など)

「切断スピードが必要な案件に」

  • ●既存建築物への開口作成(ドア・窓・エレベーターなどの追加)
  • ●既存建築物の部分撤去(建物分割など)
  • ●文化財などを保存するための分離・切断作業
  • ●砂防ダムにスリットを構築する作業

「形状・サイズを問わず使える」

  • ●煙突の輪切り
  • ●ダムの堤体
  • ●橋脚・橋台
  • ●ボックスカルバート

特徴・メリット

  • ①あらゆる被切断物に対応

    被切断物の形状に制約されず、厚大断面の切断が可能で、石材・鉄筋コンクリートなど広い範囲に適用できる

  • ②排水汚泥の発生なし

    水を使用しないため、湿式ワイヤーソーイングで発生する排水汚泥による環境問題の心配がない

  • ③公害発生のリスク低減

    低騒音で振動・粉塵もなく、公害発生のリスクが低い状態で作業可能に。専用の乾式ダイヤモンドワイヤーは、切断時に発生する切粉を大型バキュームで効率的に除去

湿式ワイヤーソーイング工法の静音性が分かる写真

施工動画

施工実績

  • 湿式ワイヤーソーイング工法の実績写真

    滋賀県 橋梁

  • 湿式ワイヤーソーイング工法の実績写真

    大阪府 鉄道

  • 湿式ワイヤーソーイング工法の実績写真

    大阪府 実験施設

カタログダウンロード

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら