コンクリートコーリング株式会社

ウォータージェット工法

ウォータージェット工法の写真

躯体・人・環境にやさしい先端工法。
超高水圧の力で多様な作業が可能

概要説明

「点滴、岩を穿つ。」と言われるほど力を持つ水。ウォータージェット工法とは100Mpa~250Mpaの超高圧水を利用し、コンクリートを無振動で削りとるように部分除去する工法です。かつては100Mpaで200リットル/分もの水量を必要とする低圧大水量型のポンプが主流でしたが、今では240Mpaで37リットル/分程度のポンプが登場し、高圧少水量での施工が可能となり、施工性や環境性も改善されています。

ウォータージェット工法の写真

主な用途

研磨材を混入すれば、鉄骨・鉄筋なども切断可能ですが、現在の建設現場においては、主に老朽化したコンクリートを部分除去する補修補強工事に広く利用されています。

特徴・メリット

  • ①振動のなさ

    ほぼ無振動なため、マイクロクラックの発生はなし

  • ②鉄筋背面に対応

    人力ばつりでは困難な鉄筋背面のコンクリート除去も可能

  • ③安全

    自動運転が可能な機械施工で、作業員の安全性も高い

  • ④状態維持

    人力では鉄筋の損傷の可能性がある。ウォータージェット工法は損傷なく、さらに錆の除去まで行える

  • ⑤既存躯体を守る

    はつりの深さ管理が可能で、劣化コンクリートのみを除去

ウォータージェット工法の写真

施工動画

  • コリジョンジェット
  • 削孔
  • 床斫り
  • ハンドガン斫り

施工実績

  • ウォータージェット工法の実績写真

    超高圧ポンプ車

  • ウォータージェット工法の実績写真

    和歌山県 ボックスカルバート補修

  • ウォータージェット工法の実績写真

    岐阜県 高速道路

カタログダウンロード

環境配慮型の維持更新ソリューション

無料のご相談はこちら