あと施工アンカー

土木、建築工事あるいは、それらの改修工事、耐震補強工事、さらに各種機材の取付け工事などに、構造物に穿孔しその孔内にアンカー筋を固定する『あと施工アンカー工法』が用いられています。各種のあと施工アンカーの中でもカプセル型樹脂アンカーは管状ガラス管に樹脂、硬化剤、骨材を収容した接着剤入りカプセルであり、コンクリート・岩盤等の母材に穿孔し、その孔内にカプセルを挿入し、アンカー筋をハンマードリル等の回転・打撃によって打込むことにより、化学的に硬化し、母材と一体となってアンカー筋を固着するアンカーシステムです。

あと施工アンカー工事

タップ(拡大)/左右フリック(めくる)/上下フリック(サムネイル)/右上(閉じる)

TOP